ビジネスのお悩み解決

公務もアウトソーシングの時代です

現在の雇用状況は、終身雇用制度もほとんど崩壊しており、契約社員や派遣社員などが増えています。
アウトソーシングも、現在、盛んにおこなわれているビジネスの一つです。
一般には、例えば民間企業の工場の製造ラインを人材サービス会社にアウトソーシングし、人材会社から人材を派遣するという方法です。
これにより人件費を削減して、雇用も発生します。
このアウトソーシングが、最近では、公務にも取り入れられるようになってきています。
例えば、法務局の登記簿発行業務です。
この業務は乙号業務と呼ばれていますが、法務局が民間の人材サービス会社に、入札ににより受託会社を決定して、アウトソーシングします。
公務員の仕事を民間会社の社員が請け負うというイメージは、なかなか想像しがたいですが、最近の課題である公務員の人件費削減、サービス向上を目的として民間企業にアウトソーシングするケースが増えています。
このことは、市場化テスト呼ばれており国にとっても公務員の人件費削減となり、民間企業の良質なサービスを取り入れることでは、新たな雇用の創出となり注目されているビジネスの一つです。
民間の人材サービス会社としても公務を受託することで社会的信用を得られるというメリットもあります。